妊娠・妊婦健診
❀妊娠の確認
妊娠3~4週になると妊娠反応検査薬で確認できます。妊娠5週頃に
超音波診断装置で胎嚢が子宮腔内に認められるようになります。
産婦人科で妊娠診断を受けて、妊娠届を行い
母子健康手帳を交付してもらいましょう
その時妊婦健診補助券が発行されますので、健診時にご活用ください
❀妊婦健診
安全安心それぞれが最善の出産となりますように
きちんと定期的に妊婦健診を受けて
母児の健康状態を確認していきましょう。
妊娠が正常に経過していることを確認し、ハイリスク妊娠の早期描出
妊娠中に起こりうる各種合併症の発症予防
胎児異常の有無を診断することにより
それぞれにとっての最善の出産となります。
 
 
❀定期健診:母児異常の早期発見と保健指導
 毎回、尿検査(糖、蛋白)・体重測定・血圧測定・むくみの有無チェック
 そして腹部超音波検査を行います。  その他保健指導等
 妊娠診断~12週 :2週ごと
 妊娠13週~23週 :4週ごと
 妊娠24週~35週 :2週ごと
 妊娠36週~40週 :毎週
 妊娠41週~42週 :3~4日ごと
❀診療内容
❀母体の変化と胎児発育 保健指導
✿妊娠初期(~15週)
内診 超音波検査 子宮外妊娠の有無
健診スケジュール
子宮頸部細胞診 子宮卵巣腫瘍の有無
妊娠中の生活
胎児心拍確認 分娩予定日確認確定
流産予防
血液検査:
貧血・肝機能検査、血液型、不規則抗体
感染症検査、血糖検査
✿妊娠中期(妊娠16週~27週)
子宮頸管長測定・胎盤位置形態
流早産予防
臍帯血管
乳房・乳頭チェック
乳房・乳頭の手入れ
膣細菌培養・クラミジア検査
母親・両親学級への参加
✿妊娠後期(妊娠28週~35週)
血液検査:
分娩入院準備、入院時の持ち物
貧血、肝機能、血糖、HTLV-Iウィルス
立ち合い分娩の流れと注意事項
妊娠糖尿病
妊娠高血圧症候群
GBS(B群溶血性連鎖球菌)
新生児産道感染
胎児位置確認(先進部、胎位胎向)
羊水量、胎盤位置、臍帯巻絡有無
✿妊娠末期(臨月期36週~41週6日)
内診:子宮頸管開大、硬さ、厚さ(展退度)
分娩入院時オリエンテーション
   児頭下降度、出血・破水の有無
バースプランの確認
血液検査:
貧血、肝機能、血糖、出血凝固機能検査
 
胎児胎盤機能検査:
NST(ノンストレス)検査
受付・予約
 
出産・分娩
 
入院生活
産後ケア
 
妊産婦医療相談
 
母乳外来・授乳相談
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。